ホーム
商品の検索
裸苗(大苗)とは?
バラ苗(鉢苗)のご注文

バラの種類
新品種
つるバラ
スタンダードローズ
香り豊かなバラ
おすすめの品種
特定の場所に向くバラ
鉢植えに向くバラ
アーチ向け
ミックスボーダー向け
生け垣(ヘッジ)向け
半日陰向け

色から選ぶ

黄色
アプリコット、ピーチ
ピンク


その他商品とサービス
メールマガジン登録
無料カタログ
切り花
ギフト
イングリッシュローズガーデン
メンテナンスと設計のご用命
ガーデンデザインサービス

インフォメーション
剪定
裸苗の育て方・植え方
鉢苗の育て方・植え方
苗の植え方(動画)
バラを育てる
ブログ
フォトギャラリー
お問い合わせ
国外のサイトへ
Rakuten

SNS
Ameba
Facebook
Instagram
Pinterest
Twitter
Youtube

2019/03/12 ブログ:植え替えについて
デビッド・オースチン・ロージズ 中川です。
弊社で販売している鉢苗は主に6リットル鉢ですが、この鉢のまま育ているお客様が意外に多いと聞きましたので、今回はそのデメリットと植え替えによるメリットを書きます。

土が多ければ多いほどバラには良く、地植え、もしくは大鉢(できれば30リットル以上)への植え替えをしていただければと思います。
メリットその1:水の管理が楽(水やりの回数が減らせる)
メリットその2:温度による影響が少なくなる(夏の高温対策)
メリットその3:バラがより健康で大きく育つ(根を張るスペースが大きくなる)
2019/03/12 ブログ:植え替えについて

つまり鉢が小さいままだと、土が濡れすぎたり乾きやすかったり、夏は高温のダメージを受けやすくなり、何年たっても大きくならない、というわけです。
植え替えのタイミングですが、春秋なら花が咲き終わり剪定をした後、夏なら暑さのピークが過ぎて夏剪定をした後、冬ならいつでも問題ないと思います。

ご参考までに、画像はどちらも一年前に鉢上げしたL.D.ブレスウェイト(50リットル鉢)とロアルド・ダール(35リットル鉢)で、6リットル鉢との比較です。
2019/03/12 ブログ:植え替えについて

 
以下からご登録いただくと、スペシャルオファーやニュース、バラのお手入れ
アドバイスなどのお役立ち情報をいち早くメールで受信することができます。

デビッド・オースチン・ロージズからのマーケティング情報を受信することに同意します

お客様の個人情報は他社へは譲渡されません。受信の中止をご希望の場合、[email protected]
までEメールでご連絡いただくか、デビッド・オースチンのマーケティングメールに表示されている「登録解除」
ボタンをクリックしてください。

*このコードは他のオファーと併用することはできませんのでご了承ください。コードのご利用は1回のみ
とさせていただきます。コードのご利用はオンライン通販サイトのみとさせていただきます:
www.davidaustinroses.com

ご登録いただくと、スペシャルオファーやニュース、バラのお手入れアドバイスなどのお役立ち情報をいち早くメールで受信することができます。


最新品種


ローズガーデン
ギフトショップ



ローズフェスティバル


無料カタログ「THE ENGLISH ROSE COLLECTION」のご請求


ガーデンデザイン

ローズスタート


デビッド・オ-スチンの

「ローズフード」


ローズソイル



安全なお買い物  

デビッド・オースチン®とDAVID AUSTIN ®はデビッド・オースチン・ロージズ株式会社に登録された登録商標です。
デビッド・オースチン・ロージズ株式会社 会社登記番号 1201-01-045408
特定商取引法に基づく表記